ゲーム・ドット絵好きに送る

【レトロアーケード】手のひらサイズのミニ筐体ゲーム機を購入してみた。

 

こんにちは、くま仮面です。

12月より全国のゲオショップで先行販売されている手のひらサイズのアーケードゲーム、
レトロアーケードを購入してきました。

私が購入したのは、パックマンとギャラガの2種類。
小さいのですが、実際に遊ぶこともできます!

さっそく、遊び方や購入方法を紹介してみます。

商品概要:レトロアーケードとは

海外のメーカー「MY ARCADE」から逆輸入された手のひらサイズのナムコアーケード。

発売予定日 2019年3月24日
先行販売期間 2018年12月20日~2019年3月下旬(終了日未定)
販売価格 3,980 円 +税
同梱物 本体、取扱説明書

ゲオ先行販売では、

・レトロアーケード<パックマン>
・レトロアーケード<ギャラガ>
・レトロアーケード<ディグダグ>

の3種類が対象となります。

※プレイするには、単3電池4本(別売り)かUSBマイクロ端子での電源供給が必要となります。

発売日にさらに追加されるのは、

・レトロアーケード<ギャラクシアン>
・レトロアーケード<マッピー>

の2種類。

個人的には「マッピー」がめちゃくちゃ楽しみです。

購入方法:先行販売分>それ以降

先行販売は全国のゲオショップ及びゲオ公式通販サイト「GEO-MART (ゲオマート)」が対象のようなのですが…

ゲオマートで商品検索しても、なぜかヒットしませんでした。

そんなわけで近所のゲオに行って店舗内を探してみるも、
どうにも見当たらなかったので、店員さんにききました。

(画像を見せて)あの、この商品って置いてますかね…?
すると店員さんは、「あっ、はい、少々お待ちください!」と心当たりのある感じ。

少しして、奥の在庫棚からレトロアーケードの詰まったダンボールを出してきてくれました!

店舗内で見当たらなかった場合は、こういうこともありますので諦めずに店員さんに聞くべきですね。

小さな店舗などでは置いている在庫自体が少ないこともあるみたいなので、欲しい方は早め早めの行動を。

発売日以降はamazonなどで発売元のDreamGEARさんが出品しているものを購入できます。
※現在予約受付中

遊び方と稼働画面

まずはじめに、画面に貼られている保護シールを剥がします。
この保護シールがゲーム画面を表現してるものですから可愛いらしくて捨てられない。

単3電池4本を本体裏側の蓋を外して設置します。

単3電池が4本もないよ!って方は、その辺に落ちているマイクロUSBケーブルから電源供給しましょう。
PS4のコントローラーのケーブルとかでいいから。

電源供給がOKなら、下側のボタンを押し込んで起動!

実際に起動した画面がこちら▼

ちゃんと遊べます!
もちろんオリジナル版のサウンド付き。

しかしながら、ゲーム自体はオリジナル版ではなく、ファミコン移植版のものとなっています。
アーケードだけどファミコン…

それはそれとして、お手軽サイズで本格的に遊べるのでとてもオススメです。
インテリアとして飾っておくだけでも見栄えよしです。

どうせなら全種類並べて稼働させてみたい…!

「TINY ARCADE」も近日発売

レトロアーケード発売の1日前である3月23日、さらに小さな筐体ゲーム機である
TINY ARCADEがアルファサテライトさんより発売されます。

こちらはなんと、高さ9センチという超ミニサイズ。
キーホルダーチェーン付きでどこへでも持っていけます。

もちろんゲームのプレイも可能。
(まともにプレイ出来るかどうかは別として…)

ラインナップは以下の4種類。

・TINY ARCADE (タイニー アーケード)<パックマン>
・TINY ARCADE (タイニー アーケード)<ギャラクシアン>
・TINY ARCADE (タイニー アーケード)<ギャラガ>
・TINY ARCADE (タイニー アーケード)<ディグダグ>

レトロアーケードよりは種類が少ないですが、同じくナムコの代表作たちです。

小さくなった分、お値段も安くなっていますので、もっと気軽に楽しみたいという方はこちらを購入するのもオススメです。

お金に余裕があれば、購入してみたレビューなどもまた記事にさせていただきます!

くま仮面でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です