ゲーム・ドット絵好きに送る

見つからないものを、見つけるために。

こんにちは、くま仮面です(.-.))

さぁ始まりました、くま仮面的レトロゲーム日記のお時間。
今回からプレイするのはこちら!

ファイナルファンタジー
▽ 1987年、スクウェアより発売のファミコン用RPG。
▽ キャッチコピーは、「見つからないものを、見つけるために。」
▽ 大人気FFシリーズの第1作です。

冒険の始まり

プロローグ

プレイヤー設定

まずは、主人公となる4人の職業と名前を決めます。

選べる職業は、「戦士」「シーフ」「モンク」「白魔術師」「黒魔術師」「赤魔術師」の6種類。

色々と悩んだ結果…

くま:戦士(魔法は使えないが、物理攻撃・防御力が高い)
べあ:白魔術師(主に回復系の白魔法を扱える)
だふ:黒魔術師(主に攻撃系の黒魔法を扱える)
ぷう:赤魔術師(ある程度の白魔法・黒魔法が扱え、物理攻撃もこなす)

にしました。

ほぼ魔術師のパーティー!

放り出された

パーティーを決定すると、何の前置きもなくボン!とフィールドに放り出されました。

えぇえ〜…!
と、とりあえず上にあるお城的なとこ行ってみるか。



コーネリア周辺

さらわれた王女セーラ

どうやらここは、「コーネリア」という場所のお城らしいです。

なにやら不穏な雰囲気を感じますが…

王妃であるジェーンの部屋に訪れました。

私は王妃のジェーン。
どうか王女セーラを助け出してください!
王女セーラの身に一体何が起こったのかは、教えてくれなかった。

2階、王のいる部屋へ。
一般市民がホイホイ入れる場所じゃないだろ。

しかし王は歓迎ムード。

光の戦士たち…預言者ルカーンの行った通りだ。
わしの頼みを聞いてくれ。
え、僕らって光の戦士なん?

王女がガーランドにさわれたのだ…
頼む、助け出してくれ!
いやいやいや、情報少なすぎでしょ!
本当に助けてもらおうとしてるのそれ??

王女セーラがガーランドにさらわれたって事はわかったけど、まずガーランドが人間なのか魔物か男なのか女なのかもはっきりしないし、どこにいるかなんて当然のように何も教えてくれない!!

おまけに見ず知らずのくまたちを光の戦士だと勝手に決めつけて、娘の身を任せてしまうなど…。

これぞFCクオリティ!

大丈夫。
その後、お城の人たちからガーランドに関する情報をいくつか得ました。

  • ガーランドは城の北にあるカオスの神殿に逃げ込んだ
  • 彼は昔は良いナイトだったらしい

何はともあれ、まずは城の付近にある町を訪れてみるとしましょう。

コーネリアの都

町の基本的な施設は以下の通りです。

宿屋:HP(体力)・MP(魔法使用回数)の回復とセーブができる
武器屋:武器の売買ができる
防具屋:防具の売買ができる
道具屋:アイテムの購入ができる
白魔法屋:白魔法を覚えることができる
黒魔法屋:黒魔法を覚えることができる
教会:死者の復活をすることができる

それぞれ装備を整え、ケアルやファイア、サンダーなどの基本的な魔法を習得してきました。

モンスターとの戦闘

フィールド上では、様々なモンスターとエンカウントします。
戦闘に勝つと、経験値といくらかのギル(通貨)が貰えます。

まずはこの辺でレベル上げや〜!

レベルはバンバンと上がってく感じではないようだ。
時間をかけて少しずつ…地味な作業だけど大事!

カオスの神殿

レベル上げをしつつコーネリアから北のほうを散策していると、何やらボロボロの建物が姿を現しました。

これがカオスの神殿か…

恐る恐る神殿内に入り、すぐあった部屋にお邪魔する。
なんかコウモリと女の子と男がわちゃわちゃしてた。

カ、カオス…!!

ナイトっぽい男に話しかけてみました。

王女は俺の者だ!誰にも渡さん!
光の戦士だと。こざかしいやつらよ!このガーランドが蹴散らしてくれよう!
わぁ、ガーランドさんってばサイコパスな監禁男じゃないですか!!

お楽しみを邪魔されておこのガーランドを打ちのめし、取り残されたコウモリたちの目は切ない。

ああ、あなた方は光の戦士たち…
助けてくださってありがとう!!

帰ってきた王女

セーラ王女を助け出し、コーネリア城へ戻ったくまたち。

これはコーネリアの王女に代々伝わるリュートです。
ガーランドが私と一緒に城から持ち去ったのです。きっと何かの役に立つでしょう。持って行ってください。
んー、いや、冒険するには邪魔になりそうなんだけれども…
てかそんなに大事なものを簡単にもらっていいのでしょうか。

よくぞ王女を助け出してくれた。
さあ、この北に橋をかけよう。わしにできるのはこれくらいのことしかない。大陸に渡り、クリスタルの輝きを取り戻すのだ!!
これで、さっきは行けなかった場所にも行けるようになったっぽい。

その後、城や町で得られた情報は以下の通り。

  • コーネリア王女のリュートは悪の扉を打ち砕くためのもの
  • コーネリア北にマトーヤという魔女が住んでいる
  • 預言者ルカーンは「三日月を目指す…」と言ってコーネリアを去った

オープニング

大陸への橋

コーネリア王が言ってた通り、城の北に橋がかかりました。

渡ってみることにしましょう。

オープニング

橋を踏むと、オープニングが始まりました。

そして… 探求の旅は始まった。
4人の若者は、光の戦士として自らに与えられた使命の大きさと
待ち受ける波瀾の運命に目眩さえ覚えるのであった。
***
その意味さえ知らず4人の若者が持つ4つのクリスタル…
遥か昔、その中には輝きが宿っていたという。
***
さあ、旅立つのだ。
この世界を覆う暗黒を振り払い、平和の光を再びこの地に…



船の入手

港町プラボカ

大陸を渡って東へずっと進むと、第二の町が見えてきました。

どうやらこの町は、海賊に襲われているとのことだが…

海賊ビッケ

さっそく海賊と思われる人物を発見したので、声をかけてみる。

この海賊ビッケ様に逆らうとはいい度胸してるじゃねえか。
野郎ども、やっちまえ!
襲ってきたのは9人の海賊たち。
いや、多いって…!

けど1人1人はそんなに強くないので、時間はかかれども難なく倒すことができました。

すまねえ、許してくれ。もう悪さはしねえ。
お詫びに俺の船をやるからよう。許してくれよう。
海賊なのに、船を捨ててしまうとは情けない。
これからは心を入れ替えて精進したまえ。

てな訳で船が使えるようになったみたいですが、その前にまずは町を散策してみよう。

プラボカ散策

装備品を新調し、LV2の魔法も覚えました。

バサンダ:雷ダメージを半減する
ストライ:味方1人の攻撃力をあげる

など、FFシリーズやってても聞いたことなかった名前の魔法結構ありました。

あと、道具屋で購入できる「テント」は、フィールド上で宿屋の役割を果たしてくれるのでいくつか持っていくと便利ですね。

この町で入手した情報は以下の通り。

  • 海の向こうにはエルフたちが住んでいるが、王子が目を覚まさない
  • 西の彼方、メルモンドの町は大地が腐って悲惨な状態である

大海原へ

フィールドに出ると、船が用意されていました。
いくつかの港に停泊することができます。

海でもモンスターが出現するので、油断は禁物!

マトーヤの洞窟

大陸の北に進むと、怪しげな洞窟がありました。
恐らく、ここが噂のマトーヤさんの住む場所なのでしょう。

水晶の目…水晶の目…水晶の目…
ゴトッ!イタタッ!!
水晶の目がないと目が見えん。誰だ?水晶の目を盗みおったのは!
ならば目が見えないうちに、宝箱開けちゃお〜っと。

マトーヤの宝箱から、
・どくけし
・ポーション×2
を盗みました。

ちなみに、うろちょろしている箒にも話しかけれます。

フシギナ ジュモン サ サッサカサ!
とくれせん たぼーび
フシギナ ジュモン サ サッサカサ!
これ、「とくれせんたぼーび」を後ろから読むと「Bボタンセレクト」になるって後で気づいたので、また次回試してみようと思います。

とにかく、マトーヤの為に水晶の目を探さなければならないようです。

ドワーフの洞窟

今度は、ドワーフの洞窟を発見!

ラリホーって言ってくるあいつらです。

重要そうな人物は2人。

鍛冶屋のスミス。

伝説の金属、アダマンタイトがあれば幻の剣が作れるやもしれん。
と、

あと一歩のところで岩が邪魔しとる。
このままじゃ運河は掘れん。ニトロの火薬さえあればなあ…
岩を砕いているネリクじいさん。

アイテムを手に入れたらまた来ることにしましょう。

ドワーフの洞窟で得た情報は以下の通り。

  • マトーヤから水晶の目を奪ったのは、ダークエルフのアストス
  • 浮遊石があればなんでも浮く
  • 大地が西の方から段々と腐っている


まとめと関連記事

さて、ここまでのまとめです。

まとめ
  • 目的①:アストスから水晶の目を取り返す
  • 目的②:ニトロの火薬を調達する
  • 「Bボタンセレクト」を試してみる

何も知らされぬまま、突然光の戦士に仕立て上げられた4人の若者。

開始早々一国の姫を救出し、町にはびこる海賊どもを打ちのめし、奪った船で航海に出た。
ゆけ、くまたち。
世界は君らの助けを必要としている人たちばっかりだ!

皆様からのコメントが励みになります!
よかったら感想をお聞かせください!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です