ゲーム・ドット絵好きに送る

大人も子供も、おねーさんも。#11

こんにちは、くま仮面です(.-.))

さぁ始まりました、くま仮面的レトロゲーム日記のお時間。
引き続きプレイするのはこちら!

MOTHER2 ギーグの逆襲
▽ 1994年発売のスーパーファミコン用RPG。
▽ キャッチコピーは、「大人も子供も、おねーさんも。」
▽ MOTHERシリーズの第二弾です。

トポロ劇場〜デパート

トポロ劇場

トンズラ解放

前回譲り受けたダイヤモンドを、トポロ劇場の支配人に見せつけに行く。

な、何かしら??それは??
もっとよく…近くで見なきゃわからないわ!

ほらよ!
ガーン!そ、そ、そのダイヤモンドで払うって?!
い、い、いーわよ。いーわよ。

支配人めっちゃ焦っておる。
この契約書は破るわ。ビリビリビリッ!
ダイヤのことは他の人には内緒よ。
さぁ、トンズラブラザーズは今から自由の身よ!

そしてタイミングよく入場してくるトンズラブラザーズ。
やっぱり聞き耳たてとるやん。

この後、ラストステージをするそうなので観ることにするか。

ラストステージ

ラストステージには、トポロ劇場で大人気だと噂のビーナスちゃんと思われる女性が出演。

最後にはトンズラ車がステージに登場し、彼らはそれに乗り込んで外へ。
ステージは名残惜しくも終幕した。

ビーナスちゃん

因みにその後トポロ劇場に入場すると、ビーナスちゃんの舞台を見ることができる。

…なんかヤバイおっさんがステージ乗り込んできたりするけど…。

デパート

トポロ劇場の外にいた人に話しかけると、休業していたデパートが開店したという情報を教えてくれた。

1階

1階は不要なグッズの返品と、トポロ劇場のチケット売り場。

ネズミがうろちょろしてたので話しかけてみた。

なんかこのデパート停電するような気がする…。
これはねずみの直感です。

どうやら動物的な勘が働いているらしい。
停電には気をつけよう。

2階

2階はフードコートと、奥の倉庫のような部屋ではめがね専用の密輸業者が。

3階

3階はドラッグストアとグッズ売り場。

「シェフのフライパン」と「きんのうでわ」を購入して装備した。

4階

4階はスポーツグッズと玩具売り場。

エイプに就職してプログラマーになりたいという男の子がいたが…
糸井重里さん、叶えてあげて〜〜!!

奥の部屋に事務所みたいなところもあったけど、誰も人はいなかった。

停電

デパートを出ようとするとねずみの予言通り、突如停電した。

そして緑色の何かがくまたちの横を通り過ぎ、べあをさらって何処かに行ってしまった!
その後、謎のアナウンスが流れる…。

「お呼び出しを申し上げます。オネットからお越しのくま様…
お友達のべあ様が、4階の事務所でお待ちです。…クケッ。」

大変だ、すぐに行かないと。

停電したデパート内では、大量の物品が襲いかかってくる。
数も多いし中々強いからしんどい…。

デパートの怪人

さっきは人がいなかった、4階事務所に辿り着いた。

やい、緑色の何か!
うちのべあを返せ!!
クケッ、クケッ、クック。
よくここまで辿り着いたな。このデパートがお前たちの墓場になるんだ!クケッ。
死んで地獄へ…いや天国へ行け!

見た目が結構弱そうだったから舐めてかかってたけど、下手したら200以上のPSIダメージをを食らわしてくるし、べあが抜けて2人のパーティーだと結構キツかった。

く、中々やるな…倒したけど。
…俺を倒しても…クッ。ギーグ様の…。
今頃べあは、モノトリーの…ククッ。

天才写真家

怪人を倒したことでデパートの電気は復旧した。

べあはいないけど、ここで一枚。

ムーンサイド

酒場

初酒場

次にどこへ行けばいいのかわからず町をさまよっていると、最初来た時には見逃していたBARを発見した。

どうやらこの店にモノトリーが出入りしているようだが…

奥の女性が、店の外がうるさいと愚痴ってきた。

再会のトンチキ

店の外に出ると、近くに人だかりが。
ってよく見るとその中心で倒れてるの、トンチキじゃん!

要らないグッズを渡すと男がどいてくれたので、かきわけて中へ進む。

トンチキ!どうしたの!
……ゼイ ゼイ
…………くま、くま…だろ?

トンチキは朦朧とする意識の中、かなり長文でくまにこれまでの経緯を話してくれた。
  • 「マニマニの悪魔」をモノトリーに騙されて盗られた
  • それによってモノトリーは悪魔のパワーを受けている
  • 酒場のカウンターの中に何か秘密がある
一度しか言わないと言いながらの話だが、必要とあれば何度でも聞くことができるようだ。

…なんかこの状況、最初のブンブーンと同じものを感じるな。
絶対トンチキこの後スタバ行くやん。

…では死ぬ前に一句。
「お出かけは 一声かけて 鍵かけて / トンチキ」

トンチキはそう言い残すと、その場で息を引きとる…のではなく、そそくさと走って何処かへ行ってしまった。

元気じゃねえか!

ムーンサイド

入り口はカウンター

トンチキに言われた通り、酒場のカウンターを調べると…


!!!!?
突如、世界がおかしくなった…

探索

とにかくサイケデリックで不気味な世界だ。
敵も出現する。

町の人たちも基本、何を言っているのかわからない。怖い。

わけもわからず探索して得られた情報は以下の通り。

  • ここはフォーサイドではなく、ムーンサイド
  • ムーンサイドでは「はい」は「いいえ」
宿泊などの際に「はい」と「いいえ」を間違えることがあるので注意が必要だ。

手に入れたアイテムは以下の通り。

・ダブルバーガー
・やみのペンダント
・ハンドバッグのベルト
・うらカンポー

ハロー!そしてグッドバイ!

話しかけると、「ハロー!…そして、グッドバイ!」と呪文のように唱える人が複数人いる。

この言葉を言われると、別の場所に転送されてしまう。

転送を繰り返して辿り着いた先は、とある男の家だ。
非常に見えにくいが、黒い影と一緒に住んでいるようだ…。

黒い影

男の家から病院に飛ばされたので、再び外に出ようとすると…

ヒッヒ、おいらだよ、おいら。
あんたらにはおいらの姿が見えている…と。
何だか面白そうだからおいらも一緒について行く。

この謎の黒い影は、ことあるごとにくまたちに話しかけてくる構ってちゃんなので結構面倒くさい。
おいらのこの金歯、羨ましいだろう?

そうだね、うん!(…見えないけど)
おいらのこの眉毛、繋がっててカッコエエだろ?

わあすごいね!(…見えないけど)

しかし、その彼の姿をしっかりと見える人物がいた。

マニマニの像ならこのすぐ先にある。
だけど俺が邪魔して…

邪魔すんな、通せ!
…おやおや、これは驚いた!
眉毛繋がりの金歯さん!こんなガキどもほっといて、バーボンでもひっかけにさあ行きましょうぜ!

そのまま黒い影を連れて、その場を去って行った。
…本当に黒い影も一緒に連れてったのかは見えないからわかんないけど。

てなわけで、ようやくマニマニの像のすぐ近くにやって来た。

マニマニの悪魔

マニマニの悪魔を拝める、モノトリーと思われる人物に話しかける。

あの、モノトリーさん?
つきまとうな!わ…私はモノトリーなんかじゃない!

彼はそのまま、スッとその場から姿を消した。

後に残ったのはマニマニの悪魔だけだが…

調べると、襲われた。
それは予想済みだったし、強力な攻撃は一切してこなかったのであっさり倒すことができた。

すると世界は元通りに…。
破壊されたマニマニの悪魔を調べると、それは幻影マシーンであるということがわかった。

近くにいたねずみに話を聞くと、くまたちは遠くを見ているような虚ろな目をして倉庫の中を歩き回っていたという。


まとめと関連記事

さて、ここまでのまとめです。

まとめ
  • 目的①:モノトリーに会う
  • 目的②:誘拐されたべあを取り戻す
  • マニマニの悪魔は破壊された

べあ、君を失った僕はこれから一体どうすればいいんだ?!

皆様からのコメントが励みになります!
よかったら感想をお聞かせください!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です