ゲーム・ドット絵好きに送る

大人も子供も、おねーさんも。#6

こんにちは、くま仮面です(.-.))

さぁ始まりました、くま仮面的レトロゲーム日記のお時間。
引き続きプレイするのはこちら!

created by Rinker
任天堂
¥16,782 (2019/04/20 01:16:30時点 Amazon調べ-詳細)
MOTHER2 ギーグの逆襲
▽ 1994年発売のスーパーファミコン用RPG。
▽ キャッチコピーは、「大人も子供も、おねーさんも。」
▽ MOTHERシリーズの第二弾です。

ツーソン&オネット

ハッピーハッピー村のドラッグストアで、べあ用に「フライパン」「どうのうでわ」「リボン」を購入して装備させた。

ちなみに、べあのことは幼稚園児だと思っていたのだけど、「幼稚園の園長の娘」っていうだけで、幼稚園児という設定ではなかったです。
喋り方がまず幼稚園児じゃないけどね。

べあの両親や心配してくれている人々に会う為、ツーソンの町に戻る。

修理された橋

村へ行く途中は壊れていた橋が、罪滅ぼしをしたいという元信者により修理されていた。

これはめちゃありがてぇ!

べあの両親

幼稚園へ。
べあの両親に、一番に彼女の姿を見せてあげることに。

ヤッホー!
やっぱりべあを助けてくれたのね。

なんというノリの軽さ!
私にはよく分かんないけど、べあの不思議な力とあなたの勇気が合わさればきっとどんな困難にも立ち向かえると思うの。

心配もないわけじゃないけど、喜んで娘を送り出すわ。

え…!?
なんでそういう方向に話が進んでるの?!
べあ、旅に出るならこれをもっておゆき。
ハンドメイドのバンドエイドよ。

くまは、ハンドエイドを手に入れた。
パパにはもう会った?
パパったらヌスット広場のトンチキさんを疑っていたことを後悔して落ち込んでいたわ。

なんか、強制的にべあまで旅にでることにされちゃったんですけど…。

べあパパにも会っておくか。

おお、べあ!

パパはさすがに娘を放っぽり出したりしないんじゃないか?
くまくん、ありがとうよ。
確かに君は、べあが夢で見た通りの世界を救う少年かもしれないぞ。

べあ、くまくんの力になってあげなさい。
パパは喜んでお前を旅に出すつもりだ。

えええ…、ちょっとは時間かけて考えてくれてもいいんじゃないかな…。
パパ、心配しないでね。私だけじゃなくてくまも付いているし。
多分次のスリークの町でもう一人の仲間にも会えるはずよ。

強いメンタルだな、べあ。
この3人で力を合わせれば、きっとどんなことにも負けないわ。
…ね、だから鼻水を拭いて笑って送ってちょうだい。

パパ〜〜!
そうだよな、泣いてんだよな。
きっとべあの話を聞いて、いつか送り出す日が来るって悟ってたんだろうな。
さらば、べあ!
パパ、泣いてなんかいないぞ。

強がっちゃって、まぁ!

トンチキ

幼稚園を出ると、トンチキの使いの者だという男性がくまたちの元にやってきた。

トンチキが差し上げたい物があるから、ヌスット広場までこいとのこと。

さっそくトンチキの家に入り、話を聞く。

お前を仲間にしたいのだが断るって顔に書いてあるな。

ええ、何だよいきなり。
子分になったら渡そうと思った金だが…引っ込めるわけにもいかねぇ。
このトランクはお前にやる。

お金!?トランク!!?
中に1万ドルの札束が入っている。良いことにでも悪いことにでも思いっきり使ってくれ。
返そうとしてもムリだ。諦めて持って行きな!

俺はオネットでライヤー・ホーランドとかって小悪党が掘り出した「マニマニの悪魔」とやらを頂きに出かけるつもりだ。
縁があったらまた会おう。

トンチキはそう言い、くまに1万円の札束が入ったトランクを渡したのであった。

ただ、「さつたば」としてグッズで持てるだけで、実際にお買い物をしたりすることはできなさそう。
きっとどこかで何かに使うのだろう。

トンズラブラザーズ

べあに会いたがっていたトンズラブラザーズの元へ。

今日は女の子連れやな、モテモテやんけ。
隣の兄弟にも紹介したってーな。

しょうがないなぁ。
…べあっていいます、僕の彼女です!
大評判のべあちゃんとカップルで来たのかい!
プレイボーイの君に俺たちからのプレゼントだ。
さ、これがトンズラブラザーズのプラチナチケットだ。

そのパスを持ってればバックステージにも出入りOKだ。
カップルで見にこいよ、待ってるぜ!

やったぁ、これで大人気の彼らの公演を見ることができる。

カップルとか言われてくまは満更でもなさそうだったけど、べあは気まずかったろうな。

天才写真家

意気揚々とライブ会場にかけもうとした瞬間、天才写真家のお出まし。

きゃー、スキャンダル!!
フライデーに載っちゃう!!

くまはいつも通り、慣れた感じでピースしちゃってるけど、べあはもう何が何だかわかってないから真顔で写っちゃってるわけですよ。

べあ、次会った時は笑顔見してね!

バックステージ

カオス劇場内は、なんだかVIPな雰囲気。
「いろんな人に話しかけてうるさいガキどもだね。」とか悪態つかれたりしてメンタルやられる。

女の子に話しかけると、「私のこと妹ってことにして一緒にバックステージに連れてって」とか言われたので仕方なく一緒に楽屋に行ってあげた。

中では、トンズラブラザーズとそのバンドが待機している様子。

楽屋の外に出ると、いよいよライブが始まった。
セクシーでエキサイティングな感じ!

観客も大盛り上がりのようだが…
でもトンズラブラザーズって、カオス劇場の支配人に騙されて大量の借金があるんだったよね。

トンチキからもらった札束をあげたら…、どうにかなるかも知れない。

解放

劇場の支配人、ドッグフードと面会する。

トンズラブラザーズの奴らにゃ大変な金を貸しているんだ。
返してもらえるまでは100年でも200年でもここで働いてもらう。
それともあんたが代わりに返してくれるってのかい?アハハハハ。

ほらよ!1万ドルだ!
そ、それは何だ?!
もっと近くで見せてくれ!俺の顔のすぐそばで!

ほらほらほ〜〜ら!
(タラッ)びっくりして汗出ちゃったよ。
確かに受け取った。トンズラブラザーズはもう自由の身だよ。

そこへ、待ったいましたと言わんばかりにトンズラのメンバーが揃って入室してきた。
絶対盗み聞きしてたやん。

みんなが各々、嬉しさを言葉にして劇場を後にして行った。

トンズラタクシー

劇場の外では、トンズラブラザーズの車がくまたちのことを待っていた。

さぁスリークに向けて出発や!わしらのトラベリング・バスにはお化けどももうるそうて出る幕がないわ。
一緒に乗ってくか?

あ、ちょっとまだ寄りたいところがあるんです。
ほな気が変わったらいつでも来いや。

ライヤー訪問

くまのちょっとした気がかりは、ライヤーのことでした。

ライヤーの掘り当てた像は「マニマニの悪魔」とかいう恐ろしい物らしいし、現にそれが原因で村を巻き込む事件が起きていたわけだし。

見つけた当の本人は無事なのかと確かめに行ったが、なんか途方に暮れている感じだった。

元気ですか…?
やぁくまちゃん。あの黄金の像はどうしてもって人が現れて売ってしまったんだ。俺ははした金が欲しかったわけじゃないけど…男の熱意にほだされてね。

売ったって、トンチキにかな?
となると、ハッピーハッピー村の像とはまた違うものだったりするのかなぁ。
俺って男は情けにゃ弱いだろ。
…あんたも知っての通り。じゃ、またね。

とにかく、ライヤーが無事なようで少し安心した。

ついでにポーキーたちの家にも寄ってみたんだけど、ピッキーが一人でお留守番しているだけで他に人はいなかった。

グッズの使い道

もう一つの気がかりと言えば、アップルキッドの家のゴミ箱から見つけた「こわれたきかい」と、オレンジキッドから譲り受けた「グレオレマシン」の使い道についてだ。

「こわれたきかい」は説明に、「いつか天才発明家がなおしてくれるだろう」と書かれていたけど、アップルキッドの姿が見つからなかったので一旦諦めることに。

「グレオレマシン」は、その場で使用することができたが…。

オレンジキッドを讃える歌が聞こえた。
歌うだけ歌うとマシーンは壊れてしまった。

なんちゅう無駄なアイテム!!おい!!
今の所、アップルキッドしか役に立ってないぞー!!

無駄なアイテムといえば、もう一つ。
ハッピーハッピー村で手に入れた「えはがき」だ。

これを使用すると、何だか虚しくなるだけのようだ…。

虚しいな…先に進もう。


スリーソンの町

さて、トンズラブラザーズの車に乗ってスリーソンの町へ。
バンドの車はうるさいから、お化けも近寄れないらしい。

到着しましたるは、スリーソンの町。
ハッピーハッピー村よりも青々しいんだがこの町は一体…。

とりあえずはここでお別れだ。
この町は暗いムードだけど明るい気持ちで頑張れよ。

はーい!
またどこかで会えるとええのう。
わしらはフォーサイドの町のどこかの劇場で歌っとるはずじゃ…。

そう言って、トンズラブラザーズは次の町へと行ってしまった。

施設案内

スリーソンの町で、より重要となりそうな施設やスポットをまとめた。

病院

ツーソンの町で入院していた患者さんが、スリーソンの病院にいいものを忘れたとか言ってたのをちゃんと覚えていたくま。

一見何もなさそうだったが、棚の引き出しを調べてみると…

引き出しの中には、「たいしたことないもの」が入っていた。

何だこれ…
たいしたことないものを使うことで…
たいしたことないものを使わない人には得られない有意義な経験をした。

これもまた、ただそれだけのグッズなのだろう、、

ドラッグストア

ドラッグストアでは、「とてもいいバッド」「あつめのフライパン」を購入してそれぞれ装備した。

久しぶりに、ママにも電話をかけてみた。

あら、くま?旅先でガールフレンドができたでしょ。
…まぁ報告はいつかでいいわ。

な、何でそれを…。
…なんかガールフレンドが側にいる気がするんだなぁ。
もしいるんだったらよろしく行ってね。
じゃ、お風呂に入ってたところだから。バーイ♪

ガチャン ツーツーツー

サーカステント

町の中央に存在するサーカステントが、町に現れるゾンビの対策本部になっているらしい。

中に入ってみると、大人たちが難しい顔をして作戦を練っているようだ。


情報収集

情報収集

町の人の話を聞いて得られて情報は以下の通り。

  • 町の人たちはゾンビやお化けを怖がってあまり外に出たがらない
  • 特に墓場周辺は危険である
  • 墓場の奥に、どこかへ通じる迷路がある
  • ゲップーという化け物がゾンビを蘇らせている
  • ゲップーはギーグの手下である

ゲップーって名前汚いな…。

不気味な敵

町を散策していると、たまに敵に遭遇する。

カボチャ頭の「ハロウィーンやろう」とか操り人形の「おちゃめなサムくん」「かわいいトムくん」など。

不気味な敵が多いなぁ…。

迷彩服の男

ピザ屋の裏側に、迷彩服を着た強面の男がいた。
なんかゾンビゲー感出てるな。

しーっ!大きな声を出すな!

どうやら、彼は「エアガン」とか「ボム」とか兵器じみた物を売ってくれるらしい。
けれど今は装備できる人がいないので、またの機会に。

看板の落書き

調べた看板に落書きがされていて、
「富士山の見えるソフトハウス HAL研究所」
と書かれていた。

お疲れ様です…!!

恐怖の墓場

意を決して、危険だと言われる墓場に向かってみた。

天才写真家

幽霊よりも先に遭遇したのは、まさかの天才写真家。

絶対こんなとこで撮ったらお化け映ってるやん…。

墓場の化け物たち

墓場には、臭いのキツいお化けとかハエとかが大量出現する。

そりゃ町の人たちも外に出たがらんわな。

ゾンビの立ち話

墓場の奥の方に、臭そうな2体のゾンビを見つけたのだが…。
どちらも、くまたちをジロリと見るだけで何もしてこない。

奥に通路がありそうだから通して欲しいけど、その場をどいてくれそうにないから無理そう…。

ツーソンの町へ戻ろうにも、フォーサイドの町へ進もうにも、トンズラブラザーズの車がなきゃお化けによってこの町に戻されてしまうので、八方塞がりだ。

一体どうすればいいのかわからないまま、今日はこの辺で終了する。


まとめと関連記事

さて、ここまでのまとめです。

まとめ
  • 目的:どうにかして墓場の通路を通りたい
  • ゾンビの親玉はゲップーという化け物
  • ゲップーはギーグの手下である

なんとかスリーソンの町にたどり着いたが、そこはゾンビやお化けに支配されたゴーストタウンだった…。

八方塞がりの危機の中、くまたちはどう立ち向かうのか!

皆様からのコメントが励みになります!
よかったら感想をお聞かせください!!!!!!
created by Rinker
任天堂
¥16,782 (2019/04/20 01:16:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です