ゲーム・ドット絵好きに送る

大人も子供も、おねーさんも。#3

こんにちは、くま仮面です(.-.))

さぁ始まりました、くま仮面的レトロゲーム日記のお時間。
引き続きプレイするのはこちら!

MOTHER2 ギーグの逆襲
▽ 1994年発売のスーパーファミコン用RPG。
▽ キャッチコピーは、「大人も子供も、おねーさんも。」
▽ MOTHERシリーズの第二弾です。

ちょっと寄り道

自慢したがりのライヤー

ライヤーがくまに話したいことがあるらしいので、一度山に戻ってみた。

うっわ、汚いなこの家…。

あんたを男と見込んで相談したい。
まず地下室を見せてやるよ。

(どうしよう監禁される…)
あっ!俺と付き合うのが嫌なんだな…顔でわかる。

もういい。俺とあんたは所詮は他人だ。俺をただのホラ吹きだとナメてるあんたを…びっくりさせてやろうかね。

ライヤー、一人で勝手に地下室行ったし。

なんかパクれるものもなさそう。

仕方ない、気は乗らないけど行ってやるか。

地下はかなりガチ目の洞窟になっていました。
ライヤーはくまが来てくれたことを確認すると、待ちきれないとばかりにどんどん先に進んでゆく。
なんか可愛く見えて来たぞ。

…でもね、くまちゃん。俺は実はすでにすっごい宝物があるという証拠の品物を見つけているんだよ。

……ふふふ…あんたには見せてやろう。こっちだ。

案内された洞窟の最深部には、怪しく光り輝く黄金の置物が!

こんな物が出てしまったら後はもう時間の問題だ。俺にはここの宝を掘り出すという使命がある。ニンニクを食って頑張るぞ。

じゃ、仕事の邪魔になるから帰ってくれ。あんただって良からぬことを考えないとも言えないし…。

はぁ。
やっぱりただ自慢したいだけだったんだろうね。
時間返せ。

隠れ家の入り方

前回、抜け道を探しても見つからなかった隠れ家だけど、改めて探してみると随分あっさり見つかった。

中には、くまを慕ってくれる悪ガキたちが数人。
そのうちの一人に、「ミスターベースボールのぼうし」をもらったので装備!

旅芸人の小屋

看板を見て、この先にジャイアントステップがあることを知るくま。

道沿いに歩いて辿り着いたのは、「旅芸人の小屋」。
鍵が閉まっていて入れないようで、外には芸人さんと思われる人物が途方に暮れていた。

昔からの旅芸人たちの小屋に市役所が鍵をかけちまってよ。フランクとかいう悪ガキが悪さをするんで閉めちまったらしいんだ。

小屋の向こうにゃでっけえ足跡があるらしいんだよ。

んー、ジャイアントステップへは簡単に行けないようだ。

フランクって悪ガキは恐らくシャーク団のボスなのかな?

シャーク団討伐戦

ゲームセンター周辺にうろつくシャーク団に立ち向かうときが来たようだ。

装備を整える

まずはドラッグストアで装備を整える。

「ふつうのバット」「やすもののうでわ」を購入して装備した。

フランクの居場所

ゲーセンの裏の方にいた男に話を聞くと、ボスのフランク様はゲーセンの裏庭にいて、愛と平和について考えているらしい。

この柵の向こうにいる金髪がヤツだな!
何かブルドーザーみたいな大きい機械があるけど、大丈夫かな…?

いざゲーセン

ゲーセンに入ると中はシャーク団が占領していて、すぐに喧嘩が始まる。
けど装備を整えたおかげで結構楽に倒すことができました。

フランクは軍隊とも戦えるようなとんでもない武器を隠し持っているらしい。
それが裏庭から見えたブルドーザーだとしたら、隠せてないけどな。

フランク戦

扉を塞ぐ門番も難なく突破して、裏庭へ。
割とおっさん面のフランクにご対面〜!

……フランクだ。お前は?

……(無視)
自分の名前くらい名乗れよ!
ふざけるなーっ!

フランク戦。いや、フランク「さま」戦だ。
曲は前作で「お兄さん」との戦闘時に使われていた「Hippie Battle」。
ちょっとテンション上がった。

ボスというだけあって強いのかと思ったけど、そんなことなかった。
すぐ倒しちゃったよね。

無敵のフランクが負けるわけにはいかねぇんだ。ハァハァハァ。
「フランキースタイン2号」だ!

ここで登場したのが、フランクの秘密兵器であるこいつ。
まず1号知らないし…。顔がフランクに寄せてる。

一撃30くらい食らう場面もあって結構手強かったけど、こまめに回復しつつ戦闘をすれば勝つことができました。

へっへっへっ、どうだー!
…初めて負けた。無敵のフランクもただのフランクになっちまった。

お前の知りたがっているジャイアントステップの秘密を教えてやろう。

お、素直だな。
フランクが話した情報を要約すると、ジャイアントステップは、
  • 特定の人間に何かをもたらすようなエナジーがあるパワースポット
  • そのエナジーを吸い取った化け物が住み着いている
  • 抜け道である旅芸人の小屋の鍵は、オネット市長が隠し持っている
とのこと。

どうでもいいけど、市長の名前は「ゲーハー・ピカール」らしい。
ひっでぇ名前。

鍵の入手

シャーク団倒したし、旅芸人の小屋の鍵もらえるかな〜。
と、市役所へ舞い戻る。

以前市長室に立ち入った時は即刻追い返されたのに、今日はなんだか歓迎ムード。
心の切り替えが早い大人どもめ!

ややややや、初めましてくまさん。
市長のG.H.ピカールです。

ゲーハーね。
街の悪どもを丸めて団子にしてボコボコに叩きまくって蹴っ飛ばして噛み付いて唾を引っ掛けておしっこちびらせて…

悪魔かよ!そこまでやってないです。
「もう二度と悪さはしません」と謝らせてくださったそうで感謝しております!

いいから鍵くれ
えっ何ですと?旅芸人の小屋の鍵が欲しいと…よろしいですとも。あなたのような素晴らしい方がおっしゃることだ。

ただし危険な目にあっても市長に責任を追求しないようにと念を押され、ようやく「たびごやのカギ」をゲット。

忙しい市長のことです、次に話しかけた時には、くまの名前すら忘れ去られていましたとさ。

ジャイアントステップ

小屋に入る

市長から貰ったカギを使って、旅芸人の小屋に入れるようになった。

途方に暮れていた芸人たちを救ったので、そのお礼に「たびのおまもり」を貰いました!
早速ボディに装備。

山の中へ

山の中には、「ぐれたねずみ」をはじめとして、「むこうみずなナメクジ」とか「アリアリブラック」とか小さな敵たちが襲ってくる。

「むこうみずなナメクジ」とエンカウントする時、なんかゴキブリに這い寄られるみたいですっごい気持ち悪いんだが…。

必殺技

と、戦闘に励みレベルも上がってゆく最中…

ん!!?
今、見間違えじゃなかったら、「PKキリショーαを覚えた!」とかいうメッセージ流れなかった?!

見間違いじゃありません。
くまは確かに、「PKキリショーα」を覚えていました。
説明を見ると、くまだけが使える必殺PKらしいです。

いや最初に「かっこいいと思うもの」で入力したけどさ、したけどさ。
まさかこんな使い方されるとは思わなかっただろうね、某バンドのボーカルも。

敵全体に50ダメージくらいを与えられるらしいけど、PPを大幅に消費するので残念ながらあまり使う機会はなさそうだ。

探索

山で見つけたのは、
・スキップサンド
・かぜぐすり
・ハンバーガ
です。

スキップサンドは食べると、少しの間だけ足が速くなって移動がスムーズに!

山の中腹で、「マジックバタフライ」に触れてくまはリラックスしたようです。
大丈夫? なんか怪しい薬注入されてない??

…どうやらPPを回復してくれる蝶々らしい。

巨大アリ

険しい崖を登って、ようやく山頂付近に辿り着いた。
めっちゃピカピカ光ってる。

よく来た。ここは1番目の「おまえのばしょ」だ。しかし今は私の場所だ。奪い返せば良い。…できるものなら。

襲いかかって来たのは、巨大アリたち。

最初、後ろに2匹「アリアリブラック」がいるのわからなくて、1ターンに3回攻撃してくるやんこいつ!!とか思ってた。

左のアリアリブラックならともかく、右のアリアリブラックなんてボスの後ろに隠れてるから見えないって!!

強い。一撃40ダメージとか与えてくる。

打ちのめされること4戦目。
先にボスの回復を行うアリアリブラックを2匹とも倒して、HPは常に40以上残るように回復を徹底して、最後はスマッシュで倒すことができた!

大きな足跡

通れるようになった洞窟の奥へ進む。
「ジャイアントステップ」の名の通り、巨大な足跡が目の前に。

近づくと、淡い光に包まれながら、不思議なメロディーが流れる。

くまの目に一瞬、小さなむく犬の姿が見えた。
くまの持っている「おとのいし」が、ジャイアントステップの音を記憶した。

一つ目の「くまだけの場所」攻略!

ツーソンへの道

お叱り

山を下りると、警察官に待ち伏せされていた。

ちょっとちょっと、キミキミ!
立ち入り禁止の看板が読めなかったのだね?

は、はい…
文字の読めない少年よ!
後でオネット警察署に来なさい!

えぇえ、市長がカギくれたから入ってもいいかと思ったのに。
怒られるなんて…。

集団リンチ

しぶしぶ、警察署に出頭。
警察官と署長が何か話している様子。

あ、あのぉ。
やっと来たか。
ジャイアントステップ帰りの生意気な少年よ!

立ち入り禁止の意味だとか、税金を払ってないくせにだとか、こっちだって好きであちこち封鎖してるわけじゃないのだとかものすっごくくどくど説教されただけで済みました。

隣の署長はというと、

ツーソンへの道が塞がれてるって?当然じゃないか、今は非常時なのだ。子供はうちでニンテンドーでもしてればよい。

と呑気なことを言われた。

それでもツーソンへ行きたいというくまに対して、

そうか…。ふふふ…それでは私に付いて来なさい。

と言ってくまを奥の奥の部屋に連れて行く署長。

署長を含む6人の警察官に囲まれ、「それだけの資格があるのか見せてみろ」と言われたくま。
子供を寄ってたかってボコそうとする警察って…

まぁ5人抜きとはいえ、ジャイアントステップのアリに比べたらどうってことなかったんだけどね。
子供だからってナメてもらっちゃ困るよ。

5分とかからず全員を片付けて、最後に残ったストロング署長にも余裕の勝利。

オネット警察のつわものを相手にこれほどの力を見せるとは…ツーソンへの道を開けよう。

こっちはバット持ってるからね。
今までに色んな敵をこれでぶちのめしてるからね。

署長は無線機で、くまの為にツーソンへの道の封鎖を解きなさいと命令を下した。
恐るべし子供、くま。

まとめと関連記事

さて、ここまでのまとめです。

まとめ
  • ツーソンへ行けるようになった
  • 幼稚園にいるべあに会いたい
  • ライヤーの今後の展開に期待

今回は、一つ目の「くまだけの場所」を見つけることができました。
この調子で頑張っていこう!

皆様からのコメントが励みになります!
よかったら感想をお聞かせください!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です